逆に機械の音を活かす

 ボカロ楽曲といえば、調教(個人的には調整のほうが良いと思うのですが、音声のつながりを人間っぽく自然に聞こえるよう、手を加えることです。)が良いと、作曲者が褒められたりしますが、中にはあえて機械音声っぽさを残して作曲している人が居ます。私のしっているボカロPの中では、sasakureUKさんという人が居ます。
 あの人の作る曲は、昔懐かしいファミコンソフトのような曲調のものが多く、その音に合わせるような感じで、あえて機械っぽくした声を使うことで、全体として調和が取れているように思えるのです。
 中田ヤスタカさんという、Purfumeのプロデューサーは、歌手の音声も楽器の一つと考えるという記事を読んだことがありますが、それとは逆を行く考え方です。
 機械音声を人間の音声に近づけ、人間の音声をエフェクトをかけて機械音声のように加工するというこの二つの動きは、人間と機械の境目をグラデーションするように埋めていて、どちらが人間の声で、どちらが機械の声なのかわからなくなってきているような気がしますが、これもボカロの面白さではないかと思います。